ソル。

韓国映画、ドラマの感想。基本ネタバレ。 (敬称略させていただいています)

君に泳げ!........2013

f:id:ichi_110219:20210506082651j:image

 

ソ・イングク

イ・ジョンソク

 

ユリ

 

パク・チョルミン

 

キム・ジェヨン

 

 

 

 

ソ・イングク と、

ドラマ ショッピング王ルイ で

はじめまして、と

思っていましたが、

この作品でお会いしていました。

 

イ・ジョンソク は、

先にお会いしていた記憶があったのですが、

彼のライバル役は、記憶なく、、、

ソ・イングク とは!!

 

そして、

キム・ジェヨン !!

 

再見しました。

 

 

 

まー、ステイホームのおかげで、

映画、ドラマ見まくりの日々ですー。

笑っ。

 

 

 

この作品は、

かなり前に見ました。

たぶん、

韓国映画を見まくっていたときに

見たのだと思います。

 

そのときの感想は、

うーん、、、日本の映画みたいかな、

な、感じでした。

 

 

 

 

再見!!

 

今、人気の三人!!

 

ソ・イングク

イ・ジョンソク

キム・ジェヨン

 

ですよーー。

貴重な作品かもしれません。

 

三人の水着姿が、まぶしいーー!!

 

もうぅ!

見ていいのか?

みたいな気持ちでした。

 

イ・ジョンソク が

肌の色が白すぎる!!

 

 

 

キム・ジェヨン のデビュー作。

モデルからのーの出演ですね。

並んでも、見劣りしない

ラインナップ!!

デビュー作ですが

出番も多く、いい役柄だったと思います。

 

ラストのラストにも登場して、

もう、ニヤケまくりでしたーー。

 

 

 

 

イケメン、エリートの

イ・ジョンソク

に対して

素質はあるが、やる気のない

ソ・イングク

 

と、

わかりやすく、対照にしています。

 

に、

幼なじみのヒロイン ユリ。

 

男子二人が、ユリを好き!!

 

 

タッチ のようじゃないですかーー。

 

 

ちょいおふざけキャラの

ソ・イングク につく、

陽気な友達、

キム・ジェヨン 。

 

 

 

イケメンを

イ・ジョンソク にしているので、

ソさん、キムさん、(笑)  ふたりは、

イケメン封印です。

 

 

 

今。見るならば、

正直、ストーリーは、

二の次で、

この頃の三人を

楽しくー見る、に尽きると思います。

 

あ、ストーリーも

よかったと思いますー。

 

 

水泳を中心にした

青い春を

楽しく見ましたーーー。

 

 

あー、

おもしろかったぁーーー。

 

 

 

 

 

 

 

韓国映画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボイス3.....最後まで...2019

f:id:ichi_110219:20210505102501j:image

 

f:id:ichi_110219:20210505102511j:image

 

おもしろい、のだと思います。

 

ネタバレが

激しいので、

まだ、見てない方は、

以下読まないことを

おすすめしますーー。

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンタイムチーム。

最高でした!!

 

メンバーのチームワークの良さが

画面からも伝わってきました。

特に

刑事チームがよかったですーー!!

 

イ・ハナ!!

もう、キレっキレで、

何度も書いていますが、

スタイルの良さ。

顔が小さい、首が長い、足が長い。

見ながらため息ですー。

 

彼女の耳は、

本当に、聞こえない音が聞こえると

普通に思ってしまいます。

 

ルージュとスニーカーがよくてー。

個人的に欲しいー!と思っていたり。

 

 

 

音楽もよかったですーー!!

 

 

 

私的、特筆すべきは!

犯人!

パク・ビョンウン です!!

 

私は、

彼の印象は

ドラマ この恋ははじめてだから で

ブコメでした。

インタビューで、

ブコメは楽しかった、と。

たしかにはじけていました!笑っ。

いつも精神的にしんどい役、

たぶん、殺人者、サイコとか、悪役が

多いのでしょう。

 

今回の作品、

バリバリのサイコ、かなりの残虐な殺人者です。

本領発揮!のしんどい役です!

 

表面は、社会的地位もあり、エリート

大学の教授、人権保護団体の幹部

全くの善人。

 

が!

裏の顔、

いや、本人からすると、こちらが表の顔、

人の命を虫けら以下に扱う残虐な殺人者。

 

この、顔 の演技 ですねー。

 

私的には、ギャップ、てすねー。

やられまくりでした!

 

 

 

殺人後の死体が

芸術的で、画、現代アート

 

彼のアジトや、死のアトリエ。

 

私的、好きすぎるくらい好きです。

 

石膏で作った

人の身体をバラバラにし、

天井から吊るす。

前から見ると、

一人に見える。

 

そのバラバラの身体のパーツは、

リアルに、人から、

個々に最高のパーツ、身体を

手に入れる。。。

完成させる。。。!

もしかしたら、

吊るされた身体のパーツは、

本物の身体で、

その上から石膏で固めたのかもしれません。

少し石膏が剥がれたところから

肌色が見えましたから、、、

 

 

 

無機質な大きな、大きな部屋、空間に、

豪華なテーブル、椅子や家具。

肉を焼き、赤ワインを飲む。

 

 

 

彼のサイコ 犯人は、完璧だったと思います。

 

あ、 

妻のユキコの残虐な殺し方、

残虐な死後のアート。

残虐すぎて、ボカして見れなかったのが

私的には、残念でした、、、、、

 

 

 

 

 

 

ドラマ的に

おもしろかった、と、思うのでは

ないか、と思いますーー。

 

 

 

ボイス4 はあるようです。

 

イ・ジヌク は死んでしまったので、

イ・ハナ の次の相棒は、

ソン・スンホン のよう。

また、カラーが変わりそうですー。

私的には、なんとなく意外に思いました。

イ・ハナ 、全力で、ソン・スンホン に

ぶつかって欲しいです。

 

ボイス2  の犯人の クォン・ユル が

4 のサイコ犯人のようですがー、

3 のエンドの彼、、、、

よかったですー、、、、!!

次回の彼は、パワーアップしているかと!

期待です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、個人的感想が濃いです。

 

f:id:ichi_110219:20210505110021j:image

 

 

ボイス2 と3 は、続きです。

3は、

日本、日本警察を話に絡めてあります。

 

イ・ハナ は、

日本が話に加わる事で

ドラマのスケールが広がった、、、的な

ことを言っていました。

たしかに、、、

 

うーん、、、

わかりませんが、

私的に感じたことですが、

日本をドラマに深く絡める、というのは

韓国であっても、

ある意味、禁じ手的ではなかったのかな?

と、思いましたー。

しかも、警察ドラマで、です。

その禁じ手を使いーの、

初のパターンだったので、

受けた、的な気がしました。

 

 

あ、日本語がカタコトなのは、

仕方ありませんー。

私は気にしませんーー。

日本だって、外国語は、母国の人が見たら

カタコトでしょうからーー。

いや、そんなことより、

日本語に日本語字幕!!

みたいな!!

 

 

 

 

このドラマの最大の謎、主軸は、

 イ・ジヌク の過去。

子どもの頃、友達のミホを殺したのか?

 

トップ画の

 最後まで信じてる........

彼を信じきっているか?

だと思うのです。

彼を信じて、ドラマを見ているならば

おもしろく見れたと思います。

あ、私は、です。

 

が、

私は

彼を信じきれなかったのですー。

この役が、

例えば、 イ・ソングク とかならば

どんなに、彼が殺人者だろう、

という画を見せられても、

私は、イ・ソングク を信じる!!

違うーーー!!とか叫びつつ、

彼を信じきり、

おもしろく感じたと思いますー。 

あ、私は、です。

 

f:id:ichi_110219:20210505112001j:image

 

私は

イ・ジヌクを

信じきれなかったので、

ずっと、なんか、

歯にモノが詰まっているみたいな。

そんな違和感を

ずっと感じながら見てたのです。

 

逆にいうと、

イ・ジヌク が、

視聴者が、自分を信じきれないような演技、

監督から求められた演技をしていた、という

ことなのだと、思いますー。

 

 

演技派の、イ・ジヌク ということですね。

 

 

 

 

と、もうひとつ、気になったこと。

 

f:id:ichi_110219:20210505111950j:image

 

このおふたり、です。

主要メンバー。

 

ソン・ウンソも

イ・ジヌクを信じきれていませんでした。

が、

キム・ウソクが

信じていなかったことや、失言を責め、

彼のミスを責め、、、、、軽くですが。

彼は、後半、それをあまり挽回できず。

で、エンドで。

がー、嫌でした、、、、

ちょっとおーーー、みたいな。

笑っ。

 

 

 

 

 

 

 

ボイス4 は、必ず見ます!!

楽しみ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

中途半端に、日本でリメイクして欲しくない派

です。

 

 

笑っ。

 

 

 

 

♯韓国ドラマ

 

 

ノンストップ........2020

f:id:ichi_110219:20210502112719j:image

 

オム・ジョンファ

パク・ソンウン

 

イ・サンユン

 

ぺ・ジョンナム

イ・ソンビン

ユ・ハジュン

パク・ジイル

 

 

キム・ナムギル

 

 

f:id:ichi_110219:20210502112906j:image

 

 

アクションコメディ と

私は思いました。

 

 

俳優、女優さん。

ほぼ、全員、

演技派 プラス 濃いめ。。。

 

いやいや、よく揃えました。

 

いやいや、この感じ。

安定感。

重量感。

ちと泥くさい、というか、、、

あかぬけない感じ、というか、、、

クセが強い、というか、、、

(いい意味で、です)

 

まぁー、本当揃えました!!

いいです!!

 

てか、

主要出演者、みなわかるってー、

自分にも受けました!!

笑っ。

 

 

 

 

初ハイジャックムービーだそう。

 

 

 

 

 

あー、

もうっ!!

 

オム・ジョンファ

パク・ソンウン

イ・サンユン

 

ですねーー!!

この三人揃ってー、、、

しかも、テロリストだのスパイだの。

 

もう、

画面に出るだけで、

倒れるーーみたいな感ですー。

 

 

 

f:id:ichi_110219:20210502115950j:image

 

イ・サンユンは、

間違いなく、ドラマ アバウトタイム 

の彼を見たので、より、おもしろく感じました。

今回の役は、

すごくよかったと思いましたー。

 

 

 

パク・ソンウン。

毎回、書いていますがー、

この方、めちゃくちゃ怖いのですー。

が、

今回は、それを隠しーの

貧乏で、少し冴えない感じもするー、

真面目で、優しい、愛妻家の夫です。

が!!オーラは、隠せません。

やっぱり!!

裏の顔がありました!!

くーー、いい!!

裏切らないところも、いい!!

 

 

 

オム・ジョンファ

この方も

ドラマ 魔女の恋愛 映画 ミス・ワイフ

を見ていたので、

より楽しめたと思います。

彼女も、この役は、よかったですー。

 

 

 

よかったというのは、

演技が、うんぬんではなく、

本人に合っていて、

スカっとする、っていう感じー、です。

あ、

演技は、

もちろん言うまでもなく、

みな実力派、演技派、ですからーー!

 

 

 

 

アクションが主でー、

コメディ、入れて、

おもしろい

って、、、、、、

 

 

そして、

それぞれの役者さんを生かし、

役者さんも、いい仕事をしー。

 

 

おもしろかったです。

 

 

 

ラストの着地点もよかったです。

 

これ、やりたかったのですよねー、

キム・ジョンファ

おそらくーー。

まぁ、女性の夢、と言ってもいいでしょうー。

ニヤリ。

ニヤリ、でした!!

 

 

 

 

 

 

ただ、

イケメン が足りなかったのですねー。

 

 

 

 

 

 

を、ですね!

 

ラストのラスト!

 

キム・ナムギル!!

 

 

 

 

もーー!!

わかってらっしゃる!!

 

コース料理ならば、

ちゃんと極上のデザートまで用意してありました。

 

 

 

 

 

おもしろかったーーー。

 

 

これぞ、

韓国映画 な感じで、よかったですーー。

 

 

 

 

 

パク・ソンウン だいすきですー。

 

 

 

f:id:ichi_110219:20210502120006j:image

 

 

 

 

韓国映画

 

 

 

 

 

新 感染半島 ファイナルステージ........2020

f:id:ichi_110219:20210502005056j:image

 

 

f:id:ichi_110219:20210502005119j:image

 

 

カン・ドンウォン

 

イ・ジョンヒョン

クォン・ヘヒョ

キム・ミンジェ

 

キム・ドユン

 

イ・イェオン (子役)

イ・レ  (子役)

 

ク・ギョハン

 

 

 

f:id:ichi_110219:20210502083506j:image

新感染 ファイナル・エクスプレス 

の監督の続編。

 

続編なのですが、

続編を感じさせない。

同じ監督だけど、

同じ監督を感じさせない。

 (私は。です)

 

 

いやいやいや。

予想通り、

前作以上の大迫力。

ハリウッドにひけをとりません。

いやいやいやいやいや。

日本は、追いつけない、と一番に思いました。

そういう意味で悔しい、、、、、、

 

 

f:id:ichi_110219:20210502084246j:image

 

 

多分、最近、つい最近レンタル開始したはず

ですがー、

もう、堂々、レンタル一位です。

韓国作品が、

レンタルの上位に入るのは

もう当たり前になった気がします。

 

韓国映画の良さを

以前から、わかっていた人たちには、

あ、私、かな?

ニヤリです。

 

韓国ドラマ も

おもしろい ですが、

あ、私的には、

おもしろい作品もあります。です。

韓流 とか言われ

韓国映画もそれに含まれ、、、

なんか

なんか嫌だな、、、と今も感じます。

韓国映画ファンの方は、

そう思われているんじゃないかなー。。。

違っていたらすみません。

韓国映画は、別モノと

書かれていた記事をみたことがありますが、

私も全くの同感です。

 

韓国映画 の棚の前にいる

男性をよく見るようになりました。

 

本当、本当、ニヤリです。

 

 

 

 

 

f:id:ichi_110219:20210502084447j:image

 

 

前作 新感染 で、

絶対、生き残ると思って見ていた

コン・ユ が

ラスト、ゾンビにやられ、エンドでした。

正直、なぜ???えーーーー!!でした、

が!

 

この作品を見て納得しました。

もし、生き残っているなら、

この作品を見ながら

どこか、コン・ユ が頭にチラつきますが、

やられたので、

全く、前作忘れてーの、

 

カン・ドンウォン です!!

 

このあたりも、さすが!と思いました!!

 

と、

自国を地獄化し、

ゾンビ半島にした、監督のいさぎよさ!

も、拍手でした!!

 

 

f:id:ichi_110219:20210502084906j:image

 

 

中盤までは、

ゾンビ映画

ターミネーターを思い出す

強くて賢い、女性、サラ・コナー。

 

そのふたつの作品をベースにした

アメリカ映画ちっくだなー、、、と

思って見ていました。

 

あ、それはそれで、

ハリウッドにひけをとらない、

大迫力のリアルさです!

廃墟化した街、道路、建物、車

大規模です。

その中での、派手なカーアクション!

廃墟、廃車、ゾンビ相手なので

遠慮なし!!

どかん、どかん、ゾンビはねまくり、です!!

どうやって撮影したんだ!!と

思いながら、見てました。

 

このまま、

韓国らしさがなく、

エンドか、、、うーーん、、、

と!、と!、思っていたら、、、

 

終盤!!

 

ああ!韓国映画!!

くーー!ー!!!!です。

 

あーあ、もう。

笑っ。

 

 

 

子役のおふたりが

抜群に良かったですー。

 

子供、女の子が

カーアクション!!

しびれました!!

 

目も、よかったです。

 

 

 

ああー、映画館で見たかったです、、、

 

 

 

 

 

おもしろかったです。

 

 

 

 

 

f:id:ichi_110219:20210502085946j:image

 

 

 

 

 

あ、

カン・ドンウォン がよかったのは

いうまでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

韓国映画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナ禍の今、

時代もこの作品に味方したように

思いました。

 

 

 

 

 

 

 

ショッピング王ルイ.......再見......2016

f:id:ichi_110219:20210430070648j:image

 

この作品は、

ネット配信でリピ見を

かなりした作品です。

 

 

なぜか、

そう面白く感じなかった作品で。

あやしい彼女 も同じで。

 

共通している女優。

 

ナム・ジヒョン。

 

彼女を、そんなに好き、ではなく。なのに

なぜか、リピ見してしまう不思議です。

 

 

 

100日の郎君様

で、ナム・ジヒョンが好きになり、

イ・ソングクが見たくなり、

久しぶりに再見です。

 

 

再見して、まず!

 

①話 を見ていなかった!という衝撃!!

ひーー、なにしてる自分!!

この作品の①話は、かなり重要!!

に!!

 

不覚でした!!!

 

 

 

 

 

 

まず、ナム・ジヒョン。

彼女は、役名 ボクシル。

田舎の山から都会、ソウルに

失踪した弟を探しにくる。

 

 

ソ・イングク

役名 ルイ。

記憶喪失のルイが、

弟のジャージを着ていたというだけで

彼の面倒、生活、お金をみてあげる。

 

ルイは、ボクシルに面倒をかけまくる。

が、許す、全て許す、ボクシル。

 

ボクシル は、

自分の全財産を奪った

詐欺のおばあさんも

許す。

 

ボクシルの仕事の先輩のおばちゃん。

と、息子。

ちと、欲深く、隙あらば、、、の感。

若干、ボクシルを利用する。

が、表面だけをみて、

ありがとう と素直に感謝する、ボクシル。

 

まわりの人に対して

損得関係なく、

全ての人に博愛。

 

あ、博愛、、、、、!

あ、ここかぁーー、と気づきました!

 

この純粋さを求めるとーー、、、

ナム・ジヒョン!

 

ああああ!みたいにわかりましたー。

笑っ。

 

 

 

ソ・イングク

この時、初めまして、でした。

 

①話を見ていなかったので、

財閥スタイルを

ほぼ知らなく見ていました。

中盤、貧乏人(失礼)から、財閥に戻り

前髪を上げ、財閥スタイルに。

このギャップ、

カッコよさにやられました!!!

 

 

 

f:id:ichi_110219:20210430120801j:image

 

逆に、

逆にー、です、

その方が

私は正解だった、ということに、、、

かな。

と、いうことにしておきます。

笑っ。

 

 

 

このふたりが、

奇跡といってよい、出会い、なのです。

 

 

ボクシルは、小さい時に両親を亡くし、

祖母が亡くなり、

肉親ただひとりの失踪した弟を探しにソウルに。

 

ルイは

記憶をなくし、

自分は誰だかもわからず、

ソウルにただひとり。

( ルイも両親を小さい時に亡くしていた)

 

都会のソウルに

お互いに、ひとりぼっち。

そのふたりが、奇跡的に出会った。

たよれるのは、お互いだった。

 

ルイは、

お金もなにもない、記憶もないのに

ボクシルがそばにいてくれた。

 

ボクシルは、

ルイが、僕がいるから安心して

と言ってくれたことに

安心、心のよりどころになったー。

 

 

 

 

 

 

 

ルイは財閥の子でした。

 

ルイの両親が

幼い頃に亡くなったため

ルイの祖母は、彼の安全に万全を期します。

 

占い師の言う通りに

ルイをフランスに住まわせ

大きなお屋敷で生活させました。

少しでも身の危険がないよう、

クルマの運転、雨の日の外出も禁じ、

学校でも、常に執事が見守り、

ルイは自由に

友達と過ごすこともできなかったのです。

 

ここ!です!

 

あんなにカッコよくて

財閥ならば、

女の子にモテモテのはずですがー!

人、危険を遠ざけ、

執事と使用人とずっと過ごしていたわけです。

 

ソウルという

世俗とも離れて暮らしていたルイ。

 

そして、

ソウルに帰国したときに、

記憶をなくし、

ボクシルに会ったのですー。

 

ここにも

ふたりの共通点が。

ソウルという世俗と離れて暮らしていた

純粋さ、です。

 

 

 

ルイが

ソウルに行く、

ソウルで、ボクシルと会う

両方のきっかけを作ったのは、

祖母でした。

フランスにルイを閉じ込めたのも

祖母でした。

 

そして、そして、

二人の幼少期。

二人は出会っていました。

そのきっかけを作ったのも

祖母でした。

 

 

出会ったとき、

小さなボクシルは、

その時から博愛、でした。

ボクシルが抽選でもらった

ペンギンのオルゴール。

欲しがるルイにあげたのでしたー、、、

 

 

 

小さいときに会ってましたー、

じゃーーん!運命ーー!

 

だけじゃなく、

ボクシルの博愛。

ふたりをつなぐ祖母。

 

ああああ!!

と、

やっと気づきました!!

笑っ。

 

 

なんか、深いのですーー。

 

 

 

 

 

 

本筋に話を戻しますー。

 

だれも味方がいない。

ふたりだけしか

信頼できる人がいない。

 

お互いを信じ合い、

助け合います、、、、、

 

ボクシルが大嫌いな雷雨の夜、

トラウマの雷雨。

ルイは本気でボクシルを心配し、

つきっきりでボクシルを看病します。

ボクシルは、

どれだけ救われたでしょう、、、、

 

 

 

 

 

その博愛のボクシル。

どんなに辛くとも、何事もがんばり、

全て許してきた彼女が、

一度だけ、

感情が爆発してしまったことが。

 

経験、知識もない仕事を

叱られながらも頑張るボクシル。

その仕事のプレゼンに光が。

ルイのアイディアで、

ボトルの販売の企画を作る。

初めて、仕事の成功と手応えを感じたボクシル。

 

それを

信頼していた上司の女性に

企画を奪われてしまう。

 

その後の、チームの飲み会でも

孤独を感じ、

企画を盗んだ上司がチヤホヤされていて。。。

 

いたたまれなく、

店をあとにします、、、、、、

 

 

雨が降り出し、

濡れて帰るのか、、、

と、さらに落ち込みバスを降りたボクシル。

ルイが!!

ボクシルを迎えに!!

傘を!!!

 

だぁーーーー!!

ルイぃぃーーーーー!!!

 

 

 

傘を差しだすシーンのドラマは、

あります。

傘は、嫌なこと、悪いこと、などをよける。

傘を差し出して、その人を守る。

みたいな

特別な意味があるようですがー、

このドラマのこのシーンは、

      泣けました。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ichi_110219:20210502222034j:image

 

 

その後、

ルイは、財閥の御曹司ということが

わかりました。

 

 

ボクシルは、そのときも

裕福からほど遠い暮らしをしていました。

 

ルイが

お金持ち、で、

ボクシルは、

だーーっと、裕福な生活に流れ、

シンデレラになるのかと思いきや、、、

ルイに一緒に暮らそうと言われても

 離れていても、同じ空の下にいるのは

 変わりないから  

と言い、生活を変えませんでした。

 

お互いに好きで

困難を乗り越え、結びつきも強かったのに、

 

ん?

と、思いました。

 

が、

これも、ボクシルのすごいところでした。

 

ボクシルも一緒にいたかったでしょう。

が、ここでも博愛なのです。

ルイに家族と一緒に暮らす事をススメました。

そして、、、

格差 貧富の差 立場の差 。

今は、ルイは、自分を、と思っているけど、、、

いろんな意味でどうなるかわからない、と。

なにか肌で感じていた、のではないか、、、

慎重だったのだと思いました。

 

安直に

シンデレラになる、

という筋のドラマではなかったのですー。

 

 

 

そしてー、、、

そのふたりの差、あたりを感じていた、

ユン・サンヒョン。

 (ルイの会社の幹部で、ボクシルが好きだった)

ボクシルの才能をいち早く気づいていました。

ボクシルに、

勉強をし、大学を卒業しろと、ススメます。

彼も

シンデレラをススメないのですね。

 

 

ゆえにー

主役ふたりではなく、

執事ふたりのウェディングシーン、でした。

皆、お祝いし、

皆、しあわせそう なシーン。

主役ではなく、

脇役の、執事ふたりの、が、

このドラマのよいところで、

意味深いところなのでしょう。。。

 

 

f:id:ichi_110219:20210502222046j:image

 

 

ふたりは若い。

 

ルイは、社長になるべく、

経験を積み、勉強をし、

帝王道を学ぶのでしょう。

これから、、、です。

 

 

ボクシルは、

弟とともに、進学、勉強し、

学歴を得、知識を得、

ルイと結婚して、横に並んでも、

恥ずかしくない女性になっていくのでしょう。

そして、

ルイの

精神的だけじゃなく、

仕事面でもチカラになっていくのでしょう。

彼女も、これから、、、、なのです。

 

結婚でエンドではなく、

ふたりは、これから、、、、、!

ということなのでしょう。

 

 

 

 

 

よく見ると

このドラマいろいろと繋がっていて。

意味がある、というか、

深いな、と気づきましたー。

 

 

 

 

ふたりを繋げた ルイの祖母。

終盤、亡くなってしまいます。

なぜ?

と、不思議でした、、、、、

 

 

祖母は、

ルイのしあわせをだれよりも願っていました。

 

ルイを思うがゆえ、

身内である社長をぞんざいに扱ってしまい。

社長は、自分の地位を守るため、

犯罪を犯してしまった。

この犯罪を犯すきっかけも祖母だった。

ルイを危険に自ら晒してしまった。

ルイのためとはいえ、

ボクシルに離れてと頼んだ、、、、

祖母は、ルイのためとはいえ、

それらの責任をとる意味もあるのでしょう。

また、裁判が行われ、

自分の身内が裁かれ、辛くなる前に、、、

亡くなった、、、、

という意味もあったのでは?と思いました。

 

 

祖母は、

ただのかわいい財閥の子、

ショッピング王ルイから

一段も二段も大人になったルイを確認しました。

彼が無事で、成長したのも、

ボクシルのおかげで、

ボクシルの素晴らしさを確認しました。

ふたりの明るい未来も確信しましたー。

 

自分の使命は終わったのだと。

 

ルイが

自分の稼ぎで買った赤いハイヒール。

そのルイからの最高のプレゼント、

赤いハイヒールをはいて

しあわせに遠くへ旅立っていった、、、、、

 

f:id:ichi_110219:20210502222106j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若いふたりが、

財閥、ということに

甘んじない。

 

なにもなかったふたりが

なにごとにもかえられないモノを得、

成長した、、、

 

 

そして、これからも

ふたり成長していく、、、、、

 

 

 

だから、

ふたりのウェディングシーンではない。

 

 

 

 

自分たちのチカラで

手にいれた生活、安アパート。

 

ここでふたり

静かに愛を誓った、、、、、、、

 

 

 

 

 

で、エンド。

 

 

 

 

 

 

そーゆーーことかぁぁぁーーー!!

みたいな。

笑っ。

 

 

 

f:id:ichi_110219:20210502222151j:image

 

 

 

今、言いますが、

おもしろかったです。

 

 

 

 

 

♯韓国ドラマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再見して

わかりましたが、

イ・ソングク。

①話

カッコいい、シリアス系も、演じていて。

ボクシルと会ってからは、

なにもできない、

いわゆる、ボケキャラを演じます。

さらに終盤。

ナム・ジヒョンの独特の演技に

自分を寄せたのですねー。

あ、あああー!!みたいな。

最初の頃に感じたより、

彼は、ずっとずっと演技派なのだ、

と、わかりましたー、、、、、

 

ブレイクするはずです。

 

 

 

f:id:ichi_110219:20210505083532j:image

 

ボイス3......10話まで........2019

f:id:ichi_110219:20210429134528j:image

 

f:id:ichi_110219:20210429134539j:image

 

ボイス1  2  3 です。

 

3から見ても

おそらく楽しめると思いますが、

1からをおすすめしたいです。

 

とくに、2と3は、

完全に続きですー。

 

 

f:id:ichi_110219:20210429140056j:image

 

 

 

イ・ハナ は、

完全にこの役にはまっています。

もう、センター長にしか見えません。

もう、素晴らしいと思いますー。

 

この方もスタイルが抜群によいのですが、

ゴールデンタイムチーム

全員、スタイルが良いです。

立ち姿が特にカッコいい!!

 

 

スピード解決が命の

ゴールデンタイムチーム。

 

かなり早口です。

 

字幕をみているので、

セリフが聞き取れない、

ということはありませんが、

わかりませんが、

皆、かなり滑舌がよく、

聞き取りやすい、と思います。

 (意味はわからなくても、単語がわかるので)

 

 

悪の組織、

体の一部を切り取り、殺し、売買?コレクション?

それが、

日本に大組織があるらしい。

 

イ・ジヌクの幼少の頃の殺人事件。

コウスケ。

そして、精神的な病気。

 

 

これをベースにして

単発の事件が起き、解決していくー。

 

 

 

日本がねー、

ちと悪者。

とくに、1話、2話あたりが

見ていて、苦しーーい!!我慢!!です。

 

 

f:id:ichi_110219:20210429140039j:image

 

まぁ、

とにかく、

イ・ハナ のキレっキレの演技が

めちゃくちゃいい!!

綺麗だしー。

カッコいーし。

肌も綺麗だしーー。

 

警察モノで、

女性が主役、主軸ってあんまりないのでは?

 

 

 

 

センター長を囲む、

チームのメンバー、刑事の布陣が、

やはりいーです。

 

チームに一人男性が訪問、

まで見ました。

 

私は、彼が、なんとなくあやしい!!

と、感じました。

しーー、

あーー、イケメン投入してほしかったーー。

笑っ。

 

 

 

 

さて、続きはどーなるでしょうーー?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♯韓国ドラマ

 

 

 

 

 

 

 

スタートアップ!........2019

f:id:ichi_110219:20210411225950j:image

 

マ・ドンソク

パク・ヒョンジン

チョン・ヘイン

ヨム・ジョンア

チェ・ソンウン

 

 

 

高校を退学し、

勉強、いやだ、進学、いやだ!

と、ぶらぶらしていた パク・ヒョンジン

母親に叱られ、家出。

住み込みで働ける中華料理店を見つけ、働き出す。

 (そこの料理人が、マ・ドンソク。)

意外と真面目に働く彼。

 

同じように退学した友達の同級生は、

闇金の取り立ての見習いとして働き出す、、、、

 

 

 

 

 

まー、

マ・ドンソク。ですねーー。

まず、髪型。

おかっぱ??

ぶふぁ!!みたいな。

そして、

TWICEが好きで、歌いながら踊り出す、とか。

カラオケで歌う、とか。

目開いたまま寝る、とか。。。

もー、おかしすぎる!!

このキャラ設定にやられましたーー!

強面の彼が、

中華料理人、ですねーー。

本人、違和感なく、うまく演じているけど、

見る側は、めっちゃ違和感!!

が、おもしろかったーー!

 

 

 

金髪の パク・ヒョンジン の

若いコにありがちのやんちゃぶりから、家出。

どうなるのかなー、と

どっちに話が向いていくのだろう??

と、楽しく見れた作品でした。

 

 

 

 

なんとなしー、

楽しく見たい時に!!

 

な、感じの作品でしたー。

 

 

 

 

かわいい

マ・ドンソク 、必見です。

 

 

 

 

 

 

韓国映画